スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人大投資家のお金と幸せをつかむ正しい方法の感想

今回は、本屋に行かずネットで購入しました。

タイトルで決めたのですが、投資方法の勉強とは少しかけ離れています。

「ユダヤ人大投資家のお金と幸せをつかむ正しい方法」というタイトルで、徳間書店から発売されたものです。

幸福、成功についてや人間の心理について書かれています。

例えば、投資に際しては本能的にプログラムされた遺伝によって、合理的な判断ができなくなる。

なぜなら、「生存」を優先するためには必要なことである。

現代社会にはそぐわないことでもあるが・・・

人間の行動が遺伝によって大きな影響を受けている。

心理の学習のスタートには、いい本だと思いました。



<投資に関しての心理>

・自信過剰・・・自分は平均より上と考える人が多い。(なにか悪いことが起こっても自分は大丈夫。いつ市場に参入し、いつ撤退するかちゃんとできると考える。)


・低い確率を過大評価し、高い確率を過小評価する。



<長期投資の収益>

収益の94%が資産配分によって決まる。その他の銘柄選択・売買タイミングは4%である。
※アメリカの年金ファンド10年間のデータを調査した結果。

バンガード社の調査でも、資産配分がファンドの運用成績の80%を決定している。


指数連動型ファンドの方がアクティブ運用型よりもリスクが少なく高い収益を上げている。


スポンサーサイト

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< バートン・マルキール教授と勝間勝代氏の対談記事 | ホーム | お金を働かせる10の法則(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。